<国語・英語>

 現代文の読み取り、小論文に向かう準備すべての科目に通用できる勉強をみな、一生懸命やっています。

<数学>

 数学を学ぶこと、それはいきるためです。

 数学の授業で得られる知識のほとんどは、理系を志す生徒のためのものです。ではなぜ、みんな数学を学ぶ必要があるのでしょうか。「受験のため必要だから。」動機としては、それでも十分です。志望校に合格するには、またはライバルに勝つにはあと何点必要で、そのためには限られた時間の中でいつ、何をどれくらいやるのか考える必要があります。大人たちも同じことをしています。ノルマを達成するには、今、何を、どこまでやるべきか。全ては計算で生き抜いているのです。だからこそ、中高生時代にやるべきことは、生きるために数学をまなぶことなのです。

私たちの塾では、中学生(1クラス10人)・高校生(1クラス5人)の少人数クラスで一人ひとりにていねいに関わります。

 


   みなさんは一回一回の授業を大切にし集中して取り組むことと継続して取り組むことの双方の力を身につけてください。

   要は、人間としての能力を全体的な発達の中に学力を位置づける方法の模索にあります。

3年間を通して、皆さんと共にその作業を進めて行きます。


中学生(1クラス10人)・高校生(1クラス5人)の一人ひとりにていねいに関わります。

▼各学年とも少人数クラスです。生徒とのコミュニケーション、ご家庭と連絡をとりつつ、学習の日常に関わりま   す。

 

学習に集中する心と体づくり、大きな理解のなかで細部を深める授業を心がけます。

▼中学生、高校生ともに、国語・英語と数学を3年間、専任の講師とともに学びます。理科と社会は、3年間まとめとして講座を開設しています。集中する力づくり、大きな理解と細部の習得のためです。

▼国英は、国語と外国語の共通の枠ぐみと相違を知ることは習得への一助となります。

 

基礎的な力(学校の授業がわかる力)から進んで、課題の把握・整理ができ、それを表現できる力を目指します。

▼教科書(テキスト)と補助問題集を使います。その往復作業を地道にくり返すことで、「あっ、わかった」という瞬間が訪れると思います。まずそれを一緒に目指しましょう。

▼その上で、2020年度からとされる大学入試変更にそなえます。選択式から記述式への方向です。新高二(現高一)生からのものです。正解を選ぶ以上に、そこへの思考と表現力が問われます。国語で言えば、公立高入試に出題される作文に向かう力を、時間をかけてみがくものです。

 

より良い学習のしかたを身につけ、自分で計画できるようになることを目指します。

▼学習のしかたは一人ひとり様々です。同時に、より良いしかたはあります。

▼毎回の授業の中でそれを見つけあいます。各学期定期試験前に自習会を開催し、科目ごとの学習のしかたと計画  化をいっしょに考えあいます。

▼私たちが大切にしていることは、人間としての能力の全体的な発達の中に学力を位置づける方法の模索にあります。

募集要綱

中学生

科目

料金
国・英 4,500円(税別)
数学 3,600円(税別)
社会 3,600円(税別)
理科 3,600円(税別)
高校生 科目 料金
基礎英語 8,000円(税別)
進展英語 10,000円(税別)
国語 10,000円(税別)
数ⅠA 8,000円(税別)
数ⅡB 8,000円(税別)
数Ⅲ

8,000円(税別)

センター数学

8,000円(税別)

地理B

6,000円(税別)

化学基礎

生物基礎

6,000円(税別)

 

※母子家庭の方は半額でお受けします

※休憩時軽食(減農薬米おにぎり・国産小麦パン)希望者…実費1食150円 

●補助問題集…実費7,000円程度

時間割

※時間割の変更です。

急なお知らせになり申し訳ありません。

高校国語の木曜19時半~21時半の時間が、土曜の15時~17時になります。

よろしくお願いします。

中学生

科目 時間
国・英

19:15

~21:30

  中1国・英 中3国・英 中2国・英  

数学

19:15

~21:30

  中2数学  中1数学   中3数学  
社会

19:15

~21:30 

        社会
理科

19:15

~21:30 

 理科        

高校生

科目 時間 時間 土 
国・英

19:30

~21:30

  進展英語      基礎英語

15:00

~17:00 

国語 

数学

 

  19:30

~21:30

 

 数学ⅠA

  数ⅡB     

17:30

~19:30

センター

数学

数学Ⅲ

社会

19:30

~21:30 

    地理B         
理科

19:30

~21:30 

         

16:00

~117:30

化学基礎

生物基礎

各教科の授業方針

<中学生>

国 語

▶国語学習とは読解力を研くこと。それはすべての科目に生かされます。物語・エッセイ・評論・詩歌・古漢文の様々な問題文でこれに取組みます

 

英 語

▶本質は国語学習と同じですが、多くの英単語・表現・語法を覚えねばなりません。覚えるプロセスを学びます。それを読み取り方につなげます。

 

数 学

▶数学の学習は、工作に似ています。公式という道具を使って、数という材料から答えという作品を完成させていくために、公式という道具をどう使うかを繰り返し練習していきます。

 

理 科

▶3年間で学習する内容と並行して、その分野(物理、化学、生物、地学)の1,2年生で学習した内容を復習します。 

 

社 会

▶9月までに公民を学習し、10・11月に地理、12・1月に歴史を学習します。2月は過去の入試問題を学習します。 

 

中学三年生

▶月に1回「フクト実力テスト会」を開催し、現在の学力を把握する一助としています。

▶夏・冬休みに、教科によって、総復習の補講を行います。

 ▶1月には、面接試験に向けての講習会を開催します。

 

試験前自習会

▶中間・期末試験前は、学校ごとの試験範囲の復習と、試験問題形式の練習を行います。

▶希望者を対象に「試験前自習会」を開催します。試験準備とともに、学習のしかたを見つけていきます。

 

 

<高校生>

国 語

▶中学国語と変わりありません。問題文の主旨・大意を把んで、記述、批評(小論文)につなぐ、そのプロセスを学びます。

 

英 語

▶高校基礎は、語法全体と短英文解釈の演習をもっぱら行い、進展クラスではその復習をかね受験への中長英文解釈に向かいます。国語同時受講をお薦めします。

 

数 学

▶高校数学は、中学数学と比べると覚えなければならない公式や定理がずいぶん多くなります。それでも、基本は中学数学に詰まっています。「なぜ」と考えることを大切にして、中学数学から少し思考を発展させることで理解できます。一緒に高校数学を攻略しましょう。

 

理 科

▶高校の化学基礎と生物基礎では、資料が示す事柄を読み解いて答えを導く力が必要です。したがって、基礎的な知識の理解にとどまらず、必須の考え方の習得を目指します。

 

社 会

▶センター試験対策の決定版と言われるマーク式総合問題集の学習を行います。

 


 

    

宝 石 を み が く

次の脚本は井上ひさしの戯曲「人間合格」の一部です。修治は津島修治、つまり小説「人間失格」を書いた作家・太宰治のことです。

山田 津島はここの河北新報へ調べものがあると言っていたね。何の調べものだい。

修治 魯迅ですよ。(略)そう、八年前になくなった文学者、彼は清国からの留学生として、仙台の学校で勉強していたことがあるんだ。(略)

修治 ところで魯迅は、この仙台で医学を捨て、改めて文学を志した。そこんところに興味がある。明日から河北新報の、古い綴り込みを読もうと思っているんだ。魯迅のいたころの仙台を知りたい。(略)

修治 仙台で魯迅に解剖学を教えた先生に、藤野藤十郎という人がいる。(略)この藤野先生が、ある日、魯迅に講義ノートの提出を求める。で、返ってきたノートを見ると、びっしりと赤インクで添削してあった。魯迅の書き落とした個所がきちんと補ってある。文法の誤りも一々訂正してある。しかもこの添削は学年の終りまでつづけられた。(略)

修治 藤野先生の親切を魯迅以外に知る人はいない。つまりこの世の中には、だれも見てはいないけれど、宝石よりもっと貴い出来事がたくさんおこっていると、魯迅は思ったのじゃないか。文学者になってそういう出来事を見つけ、それを文章にしようと思った。

修治 (略)たとえば、ここに凶悪犯がいて、吹雪の晩、森へ逃げ込んだ。と木こりの小屋の灯りが見える。たべものを奪ってやろ、ストーブであったまってやろ、そう思って窓から中を覗き込む。すると木こりの夫婦と小さな女の子がつつましくも幸せな晩ご飯の最中だ。凶悪犯の心の中に、ふっと「邪魔しちゃわるい」という思いがわく、彼はそっと窓から離れ…、あくる朝、森の奥で凍死体となっていた。この凶悪犯の心の内をだれも知らない。しかしそれを発見して、人間にも見どころがありますよ、と絶望している人たちにそっと示す、文学の仕事とはそういう小さな宝石さがしだと、魯迅はこの仙台で考えた。たぶん、そういうことなんじゃないかな。

 

 文学の仕事をそういう小さな宝石さがしとすれば、教育の仕事は、その小さな宝石みがき、つまり、自分の宝石は結局自分でみがくしかないことに、生徒たちが早く気づき、その力をつけていく過程に不退転にかかわることです。その小さな宝石は、生徒のだれの心にもあると私たちは信じています。